フランクベドガーから学ぶ!仕事への努力ってしてますか?

皆さんは仕事への努力ってしてます?

毎日出社して、業務をこなしてるわ!

なんて声が聞こえてきそうです…

ちがうんです。

ここでの仕事への努力って、毎日

能動的に自分から行動できているか?

ってことなんです。

前回の記事では、

”情熱は最強の原動力”というテーマで

書いきました。

この記事では、

情熱を持って能動的に行動している時

どのような努力をフランクベドガーが

してきたかを書いていきます。

スポンサーリンク

1日4人との面会

フランクベドガーはセールスの職業について、

初めの10ケ月はただ機械的な作業をこなし

“さらには自分には向いていない仕事である”と決めつけ、

憂鬱な日々を抜け出すための転職を常に考えていました。

こんな彼を、やる気にさせたのは社長の一言でした。

ある朝、彼は仕事をやめることを決意し自分のデスクをまとめに

出社した日のこと。

社長がフロアに現れ、売り上げに関する話しを始めたのです。

部屋を出るのも気まずく社長の話しを仕方なく

聞いていたのですが、とある一言が彼の心に刺さりました。

その一言とは、
「結局、販売の仕事は人と出会った数で決まる。情熱を持って

毎日4〜5人の人に出会えばどんな人でも成功する。」

というもの。

彼は、自分がいかに努力をしていなかったのかを初めて知ることが

できたのです。

それから彼は、以下のことを自らに課すことにしました。

・毎日4~5人と面会する。

・行きあたりばったりではなく計画的に訪問する。

・自分の熱い心を届けるため、スピーチの練習を徹底する。

そして、カーネギーの話し方教室に入会することを

決めたのです。

カーネギーの話し方教室

彼はもともとは人と対面するのが苦手で、

大勢の前で話す時はボソボソとした声を発することしか

できませんでした。

しかし、プロ野球選手として活躍していた際、

無理矢理にでも情熱を起こし、プレイしていた

ことから克服することができたという経験を持っています。

カーネギーの話しかた教室に力を入れ出したのも

そんな経験からです。

最初は自分の生い立ちから10人の人を前に話し、

その後は88人にも及ぶ子供たちのスポーツ指導に介するなど

精力的に人と対話するチャンスを作っていきました。

そうすることで強い自信を持つことができ、

聴衆の反応をみることで求めている話しや、

どうすれば楽しんでもらえるかといった思考の巡らせかたを

身に着けることができました。

20代の自分がいま努力していること

ベドガーは自らの仕事に対して、

楽しみを見出すために正面から向き合い

自分を変革していきました。

仕事を楽しむためには、時に嫌いな自分と向き合い

克服するための努力をしていく必要があるのかもしれません。

僕はいま、2018年から社会人になり多くの不安を抱えながら

仕事をしています。

だからこそ、将来何に繋がるかわかりませんが

自己の生活、仕事を最高のものにするために以下を目標に

取り組んでいます。

  • 出社前に勉強、読書する時間を作る。
  • カップラーメン週に2回まで。w
  • ブログは無理のない程度に書きつづける。
  • 50もしくは100記事書いたらwordpressで自分のサイトを持つ。
  • 2019年6月、7月に自分のサービスを作ってみる。

全てこなすことはかなり厳しいかと思います。

しかし、目標に向けて努力することは日々の生活を

充実させてくれます。

フランクベドガーのように大きな成功を掴むことはできないかも

しれません。

が、なりたい自分、理想とする自分に近づくため

嫌いな自分と正面から向き合っていこうと思いますw