Webデザイナー、エンジニア未経験者がSES企業に絶対転職してはいけない5つの理由

デメリット

Webデザイナーのりうやです。

これから未経験でWebデザイナー、プログラマーの就業を目指す方に向け、

僕が就業したことがあるSES企業の客先常駐での就業は絶対におすすめしない理由を5つほどご紹介します!

スポンサーリンク

そもそも客先常駐とは?

客先常駐

IT業界の客先常駐の働き方とは、

システムを開発したい人(お客様)の元に、エンジニア(SES企業で就業する正社員)が出向する働き方のことを指します。

この働き方を聞くと、一般派遣を思い浮かべるかと思いますが、

一番大きな違いとして、

一般派遣の場合、雇用契約は派遣先企業で結ばれるので契約が終了すると休職扱いになりますが、

客先常駐は、SES企業で就業している正社員が派遣先企業に出向するため、派遣先企業での契約が終了しても休職扱いにはならず、

次の派遣先が決まるまでの期間も基本的な給与が支給されます。

客先常駐で働く5つのデメリット

デメリット

それでは、プログラミング、デザイン未経験者がSES企業の客先常駐で
働くことをおすすめしない理由を5つ紹介します。

1. 勤務先がいつ変わるかわからない

客先常駐は、案件のある場所に出向して働く形になるため

携わる案件との契約が終了するたびに別の案件先で就業することになります。

そのたびに就業先の最寄り駅が変わるので、生活スタイルを安定させることができません。

2. 未経験者のスキルが圧倒的に育たない

未経験者からSESで就業する場合、一番最初に携わる業務は”テスト業務”といわれるものです。

テスト業務とは納品する前の、画面表示やおかしな動作がないかといったチェックです。

このチェック作業がとにかく無駄です笑
エクセルに挙動の結果のキャプチャをひたすら貼り付ける、
画面をひたすらクリックして挙動がおかしいところがないかを見るといったことがメインの作業だからです笑

そのため、一番最初にこの業務に携わると次の案件も”テストをやったことがあるから”という理由でテスト業務の案件につかされ、これが延々と続きます。

3. 伸ばしたいスキルを伸ばせない

未経験者の方は基本的に案件を選ぶことができません!!

自分が伸ばしたいスキル、やりたいことを営業の方に話す機会は設けられいるところが多いですが、建て前だと思った方がいいです。

何故なら、SES企業にとって一番大事なのは売上げが高い案件に社員を派遣させることだからです。

会社である以上、利益を追従するのは当たり前のことですが、SES企業の利益は社員の”派遣先での売上”で成り立っているため

逆に高単価の案件にアサインするためのスキルを身に着けるようにお話しされます。

4. 一ヶ月での稼働時間の指定がある

客先常駐の契約では、1ヶ月の稼働時間に対して売り上げが発生するようになっています。

そのため、有給の消化や、夏季休暇、年末年始といった大型休暇がある月には、

働かない時間分、残業をしないといけないです。

もちろん、法律で義務付けられているわけではないのですが、
実働時間が契約した時間より少ない場合、企業の売り上げに関わるため
営業の方からめちゃくちゃ怒られます笑

5. 退職するのがとても大変

法律では、2週間で退職できると定められていますが客先常駐の場合はかなり厳しいです。

何故なら、出向先と自社での雇用契約があるからです。

この雇用契約は会社と会社が結んでいるため、案件に出向している正社員の方には関係ありませんが、円満退職を望むならこの雇用契約の更新するタイミングで退職しなくてはいけません。

この更新なのですが、案件によって期間が異なり、
3カ月で契約が更新される案件もあれば、一ヶ月ごとという案件もあります。

それに合わせて退職希望日を伝えなくてはいけません。
しかし、これでも通らない場合があるようです笑(僕が経験しましたw)

SES企業側としては欠員する人員を確保するのもそれなりの手間がかかるため、希望退職日を無視して、可能な限り契約を継続させようとしてきます。

なので、僕は退職希望日の2ケ月後が退職日として勝手に調整されてしまいました笑

まとめ

まとめ

SES企業でも社員の方をきちんと考えてくれる企業もありますが、
かなり少ないと思っています。

(そもそもきちんと考えてくれる企業は、研修制度や社員の方の技術力が高いためSES事業を主軸においておらず、受託、自社開発をしています。)

僕が当時、客先常駐で就業することを決めたのは以下の理由からです。

  • 転職先を早く決める必要があった
  • Web開発の案件が多いと聞いたので経験を詰めればラッキー
  • 将来的にWebのデザイン、実装がどうしてもやりたかったため就業しながらスクールに通うことを決意した
  • 最初から受託、自社開発の企業で就業できるほどのスキルがなかった

僕的には、

“なにかを成し遂げるため”と割り切った上でSES企業に就業するのであれば問題ないのかなと思います。

結果スクールに通う時間を確保でき(単純作業が多かったため)、転職することができたので(笑)
ただ、かなり遠回りをしたなと思っています。

たとえ未経験からのスタートでも、
手に職をつけたい!、将来は高い技術力を持ってフリーランスになりたい!と考えているのであれば、

SES企業の客先常駐でまずは業務経験を積むのではなく、
最初から上記のデメリットがない、Web受託、自社開発企業を目指して学習を進めることを強くおすすめいたします!!

ポートフォリオを作成したからといってすぐに転職できる訳ではありません。
しかしこれからWebエンジニア、デザイナーで就業したいと少しでも思っているならば、

僕のような無意味な経験をしないように、
良質なポートフォリオを作成し、
Web受託、自社開発企業の一択で転職を成功させてほしいです!!