Web業界への未経験転職ならWebデザイナーもあり!

webデザイナーもあり

webデザイナーのりうやです。

現在エンジニアの転職市場が超売り手となり、
エンジニア未経験者の方でも、

プログラミング学習→ポートフォリオ作成→転職

というフローが確立されてきています。

特に未経験からエンジニアを目指して転職をする場合、
Webエンジニアを目指す方が多いと思いますし、
職場環境、待遇面を考慮した上でも目指すべきだと思います(笑)

ただ、昨今の盛り上がりのためか、
未経験者からのWebエンジニアへの転職ハードルが高くなってきています。

そこで、Webエンジニアに転職する前のステップとして、
Webデザイナーへの転職もあり!という理由を今回はご紹介します。

スポンサーリンク

将来的にWebデザイナー、Webエンジニアの壁がなくなる

Webデザイン

大まかにWebデザイナー、Webエンジニアの業務内容は以下になります。

Webデザイナー = Webのデザインを作成し、コーディング、JavaScriptを駆使してブラウザで確認できるようにする

Webエンジニア = Webアプリケーションを開発する

の2つの垣根が年々薄くなってきています。

例えば、
Webエンジニアの募集要項をみると
歓迎のスキルにUI/UX、アプリケーションデザインの知見と書かれていることが多くなり、

Webデザイナーの募集要項だと、
jQuery以外のフレームワーク(Bootstrapなど)、
サーバーサイド言語(主にPHP)、Webpackの使用経験を求める企業もあります。

この傾向から、
Webデザイン、開発が職種で分けられるのではなく、
どっちが得意か?で振られる仕事の割合が変わるのかなと思います。

Webデザイナーの業務範囲は広いため未経験でも転職しやすい

Webデザイナーに求められるスキルの一つとして
PhotoShopとIllustratorが操作できることがあげられますが、

“コーディング”、”JavaScriptのアニメーション”
スキルも求められることが多いです。

しかし、
全ての分野において卓越している人材を確保することはまだまだ厳しいです。

そのため多くの企業で、”デザインはあの人”、”コーディングはあの人”といったようにWebデザイナーの中でも分業を敷いていることが多いです。

そのため何か一つ、

Webデザイナーとして得意なことを持てば採用される確率が一気にUpします!

リモート案件が多い

WebデザイナーとWebエンジニアを年収で比べてしまうと、

Webエンジニアの方が高いですが、
副業はWebデザイナーの方が多く、手をつけやすいです。

なぜかというと、Webエンジニアは開発の案件が多いため、
納品したら報酬が発生するのではなく、納品までの稼働時間に対して報酬が発生することがほとんどです。

そのため企業は稼働時間を管理したいと考え、管理をしようとすることが多いためリモートでの作業が少ないです。

対して、Webデザイナーは納品したらこれくらいの報酬を支払う!と決めていることが多いのでバナー制作といった小さな案件から気軽に始めることができます!!

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

Web業界への転職 = Webエンジニア という風潮が流行っていますが、

就業形態や、ハードルの高さから、ただ漠然と目指すことはおすすめしません。

絶対にWebエンジニアになりたい!!という思いはないけど、
Web業界でリモートワーク、Mac持って仕事したい!と思う方は

後々WebエンジニアにもキャリアチェンジしやすいWebデザイナーも検討してみてはいかがでしょうか?